Kyungyeon のすべての投稿

  • ライトアップ
  • 京都
  • 有名
  • 歴史を知れる
  • 特集_サブ②
  • 祭り

夏の夜空を彩る「五山送り火」観覧スポットをまとめてご紹介!

okuribi-jpn

大文字五山送り火

由来と起源とは

大文字絵

「京都の夏」というと自然と浮かび上がる、京都行事代表のひとつ、五山送り火。

由来は明らかではなく、いつ、誰が、何のために始まったという文献の記録が残っていません。おそらく、仏教が庶民の間に浸透した中世ごろに始まったと言われています。

お盆を迎え、お寺や各家庭で故人の精霊がこの世に戻ってくるのを迎える「迎え火」を焚き、後日はあの世に送る「送り火」を焚きます。大文字もお精霊さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けます。

その上、大文字の「大」はこの世を構成する「地」・「水」・「火」・「風」の四大要素であり、亡くなって自然に戻ったご先祖様が帰ってくることを意味します。

 

豆知識

サムネイル大文字

1,大文字、妙、法、舟形、左大文字、鳥居形…

6つあるのに、なぜ五山送り火?

実は妙と法がワンセットになり、別では数えません。

法華経にある、仏の教えのことを指します。

 

2,前は五山だけではなかった!

古く五山送り火は五山だけではなく、多くは点火が十山で行われいたそうです。

江戸時代後期(1717年)の「諸国年中行事」によると、市原に「い」、鳴滝に「一」、「竹に鈴」、北嵯峨に「蛇」、又観空寺村に「長刀」などがあったと伝えられ、明治以前には十山で行われていたそうです。

 

3,送り火をコップに入れよう。

ある言い伝えによると「送り火」をコップに入ってる水又は酒に透かしながら飲みきると、無病息災の祈願ができるらしいです。

 

4,誰が点火して消火してるの?

五山送り火の点火と消火に関する運営は全て、五山の山保存会の方々が努めておられます。

前はお寺の方々が行事を行ったものの、現在は街のボランティアの人たちと協力し合いながら、故人を称える神聖な信念を持ち行事を続けておられます。

 

無料鑑賞スポット

日本語地図

五山送り火は京都の北側で行われます。この素敵な夏のパノラマを無料で鑑賞できる場所を何ヶ所紹介したいと思います。

★京都タワービル

★JR 京都駅ビル空中経路と空中庭園

★出町柳三角

★鴨川(北側)

★嵐山渡月橋

★京都御苑

上記の鑑賞スポットはすごく人気であり、人混みが大変になる可能性も高いです。特にJR京都駅ビルなどは前持って予約が必要になってくる場合もありますので、ご注意下さい。

実際、火が点るのはたった1時間にも満たないので、十分な下調べは必要です!

京都を囲み、東、北、西にポツポツと火が灯る景色はとても風情があり、京都らしさを満喫できる一晩と言えるしょう。

  • カップルで楽しめる
  • たくさん歩く
  • 京都
  • 家族連れで楽しめる
  • 特集_サブ②
  • 祇園
  • 祭り

日本人の心の故郷、京都で楽しむ夏:祇園祭

祇園祭サムネイル-jpn

 夏の京都を楽しむ祭り「祇園さん」

山鉾巡行

梅雨は蒸し暑く、じめじめした日々が続きますよね。

そのなかでも盆地の京都は、風は熱風で、夜は熱帯夜の猛烈な暑さ!

しかし、京都の7月には毎日のようにイベントがあり、なによりも日本を代表する祭り「祇園祭」は見逃せません。

天神祭と神田祭と共に日本の三大祭と言われている祇園祭は、この暑苦しい夏を乗り越える、歴史ある豪壮かつ華麗なイベントです。

 

祇園祭の由来

山鉾巡行2

祇園祭自体は全国にもよく知られていますが、この由来を知っている方は少ないのではないでしょうか。

祇園祭は今からおよそ1100年前、平安時代(869)に始まりました。その時、京都では疫病が大流行し、病人、死人がたくさんでる悲惨な状況でした。

平安の人々はこの大流行を御霊の怒りだと考え、祇園社(現在の八坂神社)で神輿を神泉苑に奉納し、66本の鉾を立て祇園の神を祀り、その怒りを鎮めようとしました。

行事は後に祇園御霊会と呼ばれましたが、時の流れと共に民衆の参加が増え、今は八坂神社の祭り、祇園祭へと受け継がれています。

祇園さんは7月いっぱい、長い期間にかけ行われますが、その第一のハイライトは間違いなく17日と24日に行われる山鉾巡行。京都衹園祭の山鉾行事はユネスコ無形文化遺産にされています。

京都の大通りを巡行する23基の鉾はそれぞれに独自の歴史があり、それに基づいた行事や風習が今にも残ります。

 

ここが見所!

宵山の夜

祇園祭は2014年をもって50年ぶりに後祭が復活し、先祭と後祭、両方が楽しめるようになりました。

2015年の先祭は7月14日から16日にかけ行われます。

特に、山鉾巡行の前の3日間は宵山と呼ばれる期間であり、京都の大通り一部が歩行者天国になり、露店が立ち並びます。

また、7月の21日〜23日は後祭であり、24日にまた山鉾が巡行します。しかし後祭には露店などがなく、要注意!

 

山鉾巡行の順路

山鉾巡行順路

京都ならではの古都の雰囲気や彩り伝統の山鉾は、見ているだけで楽しいですね!

今年の夏、京都に来る機会がありましたら、ぜひ祇園祭にいきましょう!

夜の宵山から朝の山鉾巡行、鉾方向転換の辻回しなど数日にかけ見所はたくさんあります。夏の夜空の下、浴衣姿で歩く京の町、たっぷりお楽しみ下さい。

 

 

  • カップルで楽しめる
  • にぎやか
  • 京都
  • 特集_サブ②

京都のラーメン激戦区一乗寺! おすすめラーメン5店レビュー!

Ramen-thumbnail

京都のラーメン激戦区、一乗寺へ!

皆さんは“ラーメン”といえばどの地域を思い出すでしょうか?

海外ではカップ麺やインスタントフードとして人気を集めているラーメン。

日本においてラーメンとは、国民食と呼ばれるほど食文化に深く根付いているものであり、各地域の特色を現すご当地ラーメンもたくさんあります。 福岡の豚骨ラーメン、北海道の味噌ラーメンなど多様なご当地ラーメンがありますが、京都はどうなんでしょうか。

さて本日は京都のラーメン街、一乗寺を紹介します。

京都は

京都市左京区の北東部には一乗寺という地域があります。叡山電鉄一乗寺駅の西側にある東大路通はラーメンストリートと呼ばれるラーメン激戦区です。昔ながらの味から最近流行しているトレンディな味まで満喫できる一乗寺には全国有名チェーン店の総本店や、京都特々な味を誇る店が並んでいます。

今日は一乗寺のおすすめ人気店5軒を紹介します!

一乗寺

 

1. 麺屋極鶏 (めんやごっけい)

一乗寺と修学院駅の間にある麺屋極鶏ではポタージュに近いドロドロこってりラーメンが名物です。お店の看板メニュー「鶏だくラーメン」は大量の鶏肉を数時間煮込んだ鶏白湯スープが麺によく絡みつく、上品な味わいです。

麺屋極鶏

写真は「赤だくラーメン」。見た目ほど“激辛”ではないのでご安心下さい!  濃い鶏スープのマイルドな味わいに少しインパクトのあるピリッとした旨辛風味が人気の一品です。

 

2.  天天有 (てんてんゆう)

一乗寺には京都ラーメンの代表格として語られる老舗「天天有」の本店もあります。開店の1971年から長く愛され続けている天天有は鶏をベースに数種類の野菜を合わせた鶏白湯系スープを誇るこってり系のお店です。ドロッとした食感の割にさっぱりとした後味がクセになる一皿です。

天天有

 

3.  珍遊 (ちんゆう)

京都発ラーメンチェーンである珍遊。一乗寺の本店以外にも京都市内の河原町にも支店があります。戦後から長い歴史を持つお店です。北海道産小麦のモチッとした食感のストレート麺、特別醤油タレ漬けの焼き豚、コラーゲンと栄養素たっぷり濃厚なスープ。この3点のコンビネーションが絶妙な味わいを引き出しています。新聞や雑誌などメディアにも頻繁に取り上げられ、京都ラーメンを代表しています。

珍遊本店

 

4.  天下一品 (てんかいっぴん)

もうひとつの京都発の有名なラーメンチェーン、こってりスープ自慢の天下一品。総本店は一乗寺にありますが、200店以上のチェーン店舗が秘伝の味を日本全国に届けています。天下一品看板メニューのこってりラーメンは2倍の量が楽しめるメガサイズもあるので、お腹が空いている時、挑戦してみればどうでしょうか?

天下一品

 

5.  豚人 (ぶたんちゅ)

名前通り濃厚豚骨スープが自慢の豚人。魚介ベースのスープを混ぜることで好みによってスープのこってり度が調節できます。麺類も細麺、中太、ドラゴンの3つから選べるので、自分個性を活かした一皿を作ってみることもいいですね。ニンニクと醤油の風味がぎゅっと締まったガッツリラーメンが味わえます。

ぶたんちゅう

 

一乗寺オススメラーメン屋の5店、いかがでしたでしょうか。 もちろんこの5店以外にもたくさんのお店があり多種多様なラーメンが楽しめます。次回京都に訪れる際はぜひ一度自分の足で食べ歩いてみましょう!

 

一乗寺への行き方

JR京都駅から(約30分)

  • JR京都駅からJR奈良線東福寺方面に乗車
  • 東福寺駅で京阪本線出町柳方面に乗り換える
  • 出町柳駅で叡山電鉄に乗り換え、一乗寺駅で下車

京阪本線三条駅から(約15分)

  • 三条駅から出町柳方面京阪本線に乗車
  • 出町柳出来で叡山電鉄に乗り換え、一乗寺駅で下車