すぐに京都に行きたくなる旅メディア

RECOMMEND

TRAVEL PAD

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • スポーツ
  • 京都
  • 特集_メイン用
  • 神社

スポーツの守護神!ー京都・神社巡りの旅ー

shiromine-jpn

京都では日に日に、日差しが強くなり夏の近づきを感じるようになりました。

これからの季節、野球好きにとっては球場へ出かけて応援しているチームの試合を見ながらビールを飲むことがたまらないですね!

またサッカー好きにとっては、いよいよ2018年に開催されるロシアW杯の第二次予選がいよいよ始まります!

夏の近づきとともに、スポーツで熱く盛り上がる季節も気づけばもうすぐそこ。

集大成の夏に向けて、日々練習に励んでいる学生のみなさんも多いのではないでしょうか?

 

そこで、今日はそんなスポーツの守り神を祀った神社を紹介します!

京都の一風変わった神社を紹介しているこのシリーズ。

これまでの記事と共にご覧ください!

>>> 京都・神社巡りの旅ーそもそも神社ってなに?

>>> 電気の神様?電電宮にお参りー京都・神社巡りの旅ー

>>>(御金神社の記事が更新されればここに入れます)

 

スポーツの守護神・白峯神宮

白峯神宮

京都の北側、堀川今出川に位置するこの白峯神宮は、「まり」の守護神とされる精大明神(せいだいみょうじん)が祀られています。

1868年、白峯神宮は現在の場所に建立されました。

「まり」は日本古来の球技、蹴鞠(けまり)に使われ、この白峯神宮はサッカーを始め、野球やテニス、また球技にとどまらず体操や陸上など、全てのスポーツにまつわるご利益があるとされています。

白峯神宮

「精大明神」が祀られる地主社。

様々な種類のボールが奉納されています。

サッカーボールやバレーボールなど、実際に様々なスポーツにおいて使用された公式球が奉納されており、必勝祈願がされています。

白峯神宮

こちらは、「蹴鞠の碑」と呼ばれるものです。

碑の右側にある「撫でまり」を一周回すと、「球運」が上がると言い伝えられています。

またこちらの神社、「蹴鞠」はボールを「落とさない」スポーツであることから、「試験に落ちない」と、スポーツだけでなく、学問にもご利益を求めて訪れる人たいもいます!

 

日本代表チームや、応援チームの必勝祈願、もしくはご自身で大切な試合を控えておられる方はぜひこちらの白峯神宮へ訪れて、この「蹴鞠の碑」にて「球運」を上げてみてはいかがでしょうか?