すぐに京都に行きたくなる旅メディア

RECOMMEND

TRAVEL PAD

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • パン
  • ブーム
  • 京都

実は違った京都人 -パン食ブームのわけとは-

古都

 

平安時代より栄える古都、京都。

歴史深く、その美しき街並みを見ようと足を運ぶ観光客は後を絶たない。

 

そんな京都に対するイメージとして、みなさんは「和食」を思い浮かべませんか?

実際祇園を筆頭に、風情のある和食料亭がたくさん京都には存在します。

 

 

 

 

 

ご飯と宿を合わせれば、、、考えたでけでもいくらになるのか怖いですね。。。

 

 

しかし、この「古都京都=和食」のイメージとは異なった現象が京都では起きているのです。

 

 

コメ食ではなくパン食!?

 

2012年から2014年平均の日本全国パン消費量ランキングが総務省から発表されました。

総務省統計局家計調査による一世帯あたりのパンの消費量は

1位 京都市 6万2599グラム
2位 神戸市 6万1629グラム
3位 岡山市 5万8009グラム

となっています!

 

え!?

 

1位!?

 

あんなに古都なり和食の聖地なり、いわゆる「The・日本」というイメージを持っていたのに。。。

 

ちなみにこの数字は全国平均数値の1.4倍らしいです!!!

 

 

また、パン自体の消費量に加え、それに付随するものの消費量も多いのです!!

 

まずはバター、

 

 

バターといえばパンに最適のお供、

ご飯に対する「海苔」みたいなものですよね!

 

総務省統計局家計調査による一世帯あたりのバターの消費金額ランキングは

 

1位 京都市
2位 東京都区部
3位 奈良市

 

となっており全国堂々の1位です!!

 

 

次にコーヒー、

 

 

 

パンの食中・食後に飲みたくなるコーヒー

総務省統計局家計調査による一世帯あたりのコーヒーの購入金額ランキングは

 

1位 京都市
2位 金沢市
3位 奈良市

 

再度1位!

 

 

 

最後に牛乳、

 

 

 

パンと一緒に飲んだり、コーヒーのフレッシュとしても活躍したり、

いわばパンのスペシャリスト!

 

 

その気になる京都の牛乳購入量ランキングとは

1位 京都市
2位 広島市
3位 大津市

 

またしても1位!!

 

 

 

これらに相対し、京都の代名詞と思われがちな飲み物「お茶」の購入金額量ランキングというと、、、

 

 

 

41位 京都市
42位 広島市
43位 和歌山市

 

まさかの41位。。。

 

 

お茶を飲まず、コーヒー・牛乳を多く飲む京都人は相当パンが好きなんだとわかります!!

 

 

 

パン食の裏側

でもどうしてそんなにパンが好きなのか、

京都=古都というイメージが強いぶん一層気になりますよね!!

 

 

理由は多岐にわたります

 

①和食に飽きてしまった

これはコーヒー消費量が多いことからも考えられます。

 

②京都人は新しいモノ好き

一説によると、明治時代に神戸でパン製造が西洋人によって急増した時に、新しいモノ好きの京都人が京都に持ち帰って流行らせたそうです。

 

③京都人の性格や土地柄に相関している

ことさらせっかちなことでも有名な京都人は作業中や時間の合間をぬってパンを食すらしいです。さらに、京都は学生の街としても知られるので学生のランチとしても重宝されているのかもしれません。

 

④パンのスライス枚数に相関している

京都を含めた関西が5・6枚スライスパンを食すのに対し、関東は8枚スライスパンを食すことが主流なため、食べるスライス量は同じでも、京都人の食べるグラム数が多いという説もあります。

 

 

 

 

 

 

このように諸説ありますが、どうも京都人は和食をそこまで好まないようです。

しかし実際に京都を散策してみるとパン屋さんが多いということがわかります

京都にお越しの際は是非チェックしてみて下さい!!