すぐに京都に行きたくなる旅メディア

RECOMMEND

TRAVEL PAD

この記事をシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最古のエレベーターで大正ロマンへタイムスリップ!

京都で昔にタイムスリップ!

タイトル

みなさん!準備はよろしいですか〜?
それでは早速目的のエレベーターがある京都河原町エリアに行ってみましょう♪
img_2

さて、ここが日本最古のエレベーターがある東華菜館(中華レストラン)です!
京都の情緒あふれる河原町エリアの中心で、ひと際西欧建築の異彩を放っていませんか?
ここで少しこの建物、東華菜館の歴史についてお話したいと思います♪
東華菜館は1926年にアメリカの建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの手で建てられました。現在は登録有形文化財として京都の人々に親しまれています。
開館当初は西洋料理が振る舞われていたそうですが、戦況とともに、西洋文化への反発が世間に広まり、それとともに、中華料理を振る舞うようになったそうです。

そんな建物の中にある日本最古のエレベーター?いったいどのような物なのでしょうか、、、?

では、早速中に入ってみましょう!!
エレベーター

これです!これが日本最古のエレベーターの入り口です!
あれ??思っていたよりも普通だなあ〜、そう思われたかもしれません。
ではその正体を確かめるために中に入ってみましょう♪
014

どうですか??少しずつアンティークな世界に引きこまれてきてるのでは??

すでにお気づきのかたもいらっしゃるでしょうか?!そうです!このエレベーターは2面が扉となっており、それぞれに外側の扉、内側の扉が存在する構造となっています!
そして、なんといっても、専用の運転手さんが常駐されているんです!
一度中に入ると、運転手さんが、手動で1枚1枚扉をしめ出発の準備をします。
「ガチャガチャガチャ〜、、、。」なんともレトロな音に皆が耳を傾けるとか♪

では、どうやって運転手さんは運転するのでしょうか、、、?
ヒントはこちら↓★
スクリーンショット 2015-12-24 18.29.16

なんと運転手さんはこのハンドル一個だけで上に行ったり、下に行ったり思うがままにエレベーターを運転できるんです!
熟練された職人さんのなせる技ですよね♪
ちなみに左に回すと下へ、右に回すと上へ行くそうです!
(でも一般の乗客の方はハンドルを動かすことを禁止されているのでくれぐれも触られませんように★)

次はこれ↓!!何だと思いますか???掛け時計かな〜??(5までしか数字がないですが)
2014091207実はこれ、今私達がどこにいるかを示しているんです!
つまり私たちは、そう!もうすぐ4階につきますね!!
でも、なぜ4−5の間の方が、2−3の間よりも少しばかり長いの??そう思われた方も多いかもしれません。
なんとこれは、各階の天井の高さに比例しているんです!
つまり、2階は天井が少し低めで、4階は天井の高いお部屋なんですね!

ではでは、そろそろ旅も終盤!おなかのすいてきた頃ではありませんか??♪
東華菜館ってどんなところか少し覗いてみましょう♪

a832a3bd5879580aaec15835d40e0041af425a92ef35201135525e5897d71cc7

エレベーターを出たらそこは、すこしノスタルジックを感じさせるそんな素敵な空間が広がっています。
窓側のお席でしたら、鴨川を眺めながらお食事をお楽しみ頂けますよ!
ランチの場合は、700円前後からお食事出来ますので、食べてみてください♪
(テイクアウトメニューもありますよ♪)

また、この建物2階には、20世紀初頭に作られたアンティークの家具がおいてあり、お食事ができるのを待っている時間で見て回られる方も多いとか♪

東華菜館
住所:京都府京都市下京区四条大橋西詰
営業時間:11:30-21:30(L.O.21:00)
もう少し詳しい情報は東華菜館HPをチェックしてみてください♪

それでは旅の最後に!みなさんに少しだけ気をつけて頂きたいことが1つ★
このエレベーターとともに100年前の世界を楽しみたい場合は、必ず東華菜館にてお食事頂くことが条件となっております!

それでは、またのお越しをお待ちしております